読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013→2014

ブログを2ヶ月放置していたら、大晦日になってしまったので簡単に今年の振り返りを。あとid:kitoneからプレッシャーが…。

業務

いろいろと図書室の引っ越し準備の具体化とシステムリプレイスが大きなトピックでした。
システムリプレイスは自分が直接担当ではなかったので特に何かをしたわけではありません。ただ、ベンダーの切り替わるリプレイス(NALISからE-cats)と就職してから始めてNALIS以外の図書館システムを利用することになって新鮮でした。やっぱりデータ以降などは多々トラブルはあったようですしまだ完了していない部分もありますが、分館で閲覧業務を担当している分には特に支障なく移行が行われたように感じます。担当されたみなさまおつかれさまでした。
引っ越し準備は来年も継続して、作業計画を立て、実際にラベルやタトルを貼ったりするのでしょう。140万冊の図書の引っ越し準備作業というのはなかなか出来る経験ではないので、どこまで見届けることが出来るのかなぁという気分です。
また、NIIのWebサービス担当者研修のファシリテータを経験させていただいのも反省は多いのですが楽しかったです。同じ研修でも受講生とやや運営に近い側で見え方やまたそこから得られるものが全然違うなぁと実感しました。グループの議論にどこまで関わり、そのあたりで引くべきなのかという配分が分からないまま3日を過ごしてしまいましたが、最終的には自分には思いつかないアイディアによる成果を聞くことができとても嬉しかったです。今年受講生として参加された方が今度はファシリテータとしても参加してみたいと感じてくださっていれば、自分としては成功だったのかなぁと思っています。

来年はとにもかくにも粛々と目の前の引っ越し作業などをこなしていくことになりそうです。あとは某職能団体の全国大会が福岡開催かつ、そのお手伝いをすることが濃厚な雰囲気なのでどう関わるべきかなぁと。

大学院

いつものことな気はしますが、今年は惑ったなぁという反省しか。
必修の授業負担は減り、和漢籍の目録やIRに関する授業などとりあえずの関心にそった授業しかとっていないので、そちらは面白かったです。ただ、本業である研究の方では方向性がふらふらしてしまい、前向きに取り組めない時期もあったなぁと反省です。最後の最後でやっと具体的に手を動かし、いろいろ楽しくできるようになりました。このまま、あと一年できっちり修論にまとめるというのが来年の最大の目標です。

課外活動

1月…図書館総合展 in くまもと
3月…大学図書館研究に論文掲載
7月…しぶ旅、医学情報サービス大会 in 沖縄で報告
8月…Code4Lib Japan カンファレンス
10月…東北からのお客さまの歓迎会2回、某松村さんの報告お手伝い
12月…某沖縄の私大で90分講義

ご一緒したみなさま楽しかったです、ありがとうございます!ご迷惑をお掛けした方どうもすみません…。
また、来年もどうぞ宜しくお願いします。

残りの2013年は、家族サービスしつつこの本を読みながら過ごそうと思います。
カーリルで開く